組合立一般廃棄物最終処分場の設置及び管理

組合立一般廃棄物最終処分場の設置及び管理

 一般廃棄物の適正な処理・処分について、廃棄物の処理及び清掃に関する法律では市町村に処理責任があるものとされており、「自区域内処理」が原則とされています。
 現在、県内には焼却灰等の埋立が可能な最終処分場がなく、各市町村は県外で処分を行っている状況です。
 これらのことから、県内市町村が長期間にわたり安定的に処理責任を果たしていくために、県内に一般廃棄物の最終処分場を広域的な施設として整備する必要があります。