交通災害共済業務

交通災害共済業務

 市町村の住民がわずかな掛金を出し合い、不幸にして交通事故にあわれた方に見舞金をおくる「町村住民のための」相互扶助制度として、昭和44年10月に発足しました。


 

交通災害共済(48048byte)